トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
いじめもんだい
2006-11-11 Sat 22:45
いじめで、精神的に人を追い詰めた事があります・・


学生過程を終了した、大人?ならもし上記を聞いたら、(あまり、ありえない告白ですが)

その人とは、ある程度の距離間とか、少し拒絶的な行動に出るかもしれません。

「いじめ」に対して冷静に自分のポジションや行動に取れるからです

いじめ世代の、子供にはその「感覚」は薄いと思います。

ようは、精神的に「幼稚・子供」なんだと思います、
いじめられらないように、クラス内のポジション取りに、懸命です。

どうも、「いじめ」に対しての「絶対悪」な要素が薄いんだよな・・・
よく、聞きませんか?「いじめられる側にも原因がある」って・・

いや、まず、いじめる側が絶対悪ですよね?今の事件に発展してしまうようなもの・・ あれは、半分「リンチ」的です。
弱いものを集団で責める&攻める、最悪ですね。
しかも、楽しんで、ストレス発散してるだけです・・

自分が学生のときにも、いじめは周りに、ありました。
自分も極少々数ヶ月、いじめられる時期がありました。(小学生のときに、すごーく、くだらない理由でしたね・・まじに・・)

中間を取るようないじめ対策ではなくて、いじめをしたら、
あなたの評価がこれだけマイナスされますよ。な対策をとらないと
効果は薄いと思う。

相手が大人ではなく、子供なんだから、もっとビシビシ「しつけ」していい問題だと思う。

教師が、できないのなら、家庭でやればいいんです!

しかし、愛のムチが使えない、今の先生・・修羅場だと、つらいですね・・
自分が学生の頃の先生は、ナチスの将校か?ぐらい
武器・獲物をふるって、周りから愛のムチ教師は、怖がられておりました。


自分は、My子供に「いじめられてるか?」もそうですが、「いじめてないだろうな?!」と聞きたいです、将来。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<添い寝への挑戦 | POPワンダー日記 | ラーメン・ウェイ その②>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。