トップ画像
信州うえだ模型交流会2 その⑤
2016-10-17 Mon 04:36
更新遅れましたが
信州うえだ模型交流会2 その⑤ です。


3IMG_5305.jpg

スピード フリークス ステューディオ の作品が沢山展示されていました

3IMG_5304.jpg

同じキットを使用した カラー表現違いもありました。 シルバーだとスチームパンクっぽいです。



ゲスト展で6名の作家さんの、ジオラマが展示されていました。


3IMG_5373.jpg

3IMG_5376.jpg

塗装や技術も、ものすごいですが・・・「配置」 や「構図」のセンスが抜きん出てちがいます。
「ストーリー」があるというか、収まり感が高いというか・・・ すごいです。


3IMG_5421.jpg

3IMG_5422.jpg


3IMG_5424.jpg

3IMG_5426.jpg

彩色が「絵」のようです・・・すごい・・。

3IMG_5377.jpg

3IMG_5378.jpg

↑このカーモデルがかっこよかった・・・。 使用感のある表現をしたカーモデルっていつか作ってみたいです。

3IMG_5434.jpg

ブロ―ケッド・ランナー&2001年宇宙の旅 ディスカバリー号 

3IMG_5427.jpg

個人的にツボだった!ロズウェル事件!!

3IMG_5429.jpg

おもわず、セピアで撮影してしまった。  X-FILEのモルダーが喜びそうな感じ


3IMG_5437.jpg

「マツコの知らない世界」 でプレゼントされたマツコ恐竜戦車2号機がぁ!!


3IMG_5393.jpg

3IMG_5387.jpg

3IMG_5402.jpg

ものすごいつくりこみ!!! 

3IMG_5383.jpg

3IMG_5399.jpg

すめる!! 懐かしい感じ。 

3IMG_5397.jpg

2階の室内も!!!  盗撮みたいだ・・・。



3IMG_5365.jpg



昨年も来ていただいた松本州平先生の新作も展示。


3IMG_5367.jpg

3IMG_5372.jpg

パンクだ・・・おしゃれだ!! 

3IMG_5370.jpg

3IMG_5363.jpg
フィギュアとからませた飛行機!!  最高です!!


うえだ模型交流会2、地方でおこなわれる模型&プラモデルイベントでは間違いなく
「屈指・濃厚」 な内容で今回もとても堪能させていただきました。

さまざまなジャンルのHiレベルな作品を地元で見ることができて 
幸せな2日間でした。

運営スタッフのみなさま、本当にありがとうございます。




3IMG_5361.jpg
自分のは撮影し忘れてしまい・・・ 画像借りてきました↑こんな感じです。

3IMG_5442.jpg

一般展示で銅賞を頂いてしまいました、生まれてはじめて「盾」なるものをいただき

展示方法も適当だったのに、本当に恐縮です・・。  ミナミさんフィギュアも3種いただきました!!


3IMG_5444.jpg

今回の スィーツ・ノベルティ!! 第1回目のと共にケースで大事に保管します。 



最後なんですが、 色々な作品のなかで一番 「想って・考えて」しまったのが・・・

3IMG_5408.jpg

3IMG_5409.jpg

若くしてお亡くなりになった MASATOさんの作品。 

倉庫が全部お手製のスクラッチ、周知のとうり「ものすごい」作品です。


でも、眺めてるうちにいろいろと考えてしまいました。

MASATOさんご本人からすれば、さぞ悔しくて無念だったと思います

たしかにお亡くなりになられたことは、辛いことだと思いますが・・・



著名な方で、作品自体も認められたものであったこともあるのですが、

こうやって、お仲間の方が大事に作品を扱って、展示されている。

うらやましくもあり作品にとっては幸せだな  とも思いました


誰も、自分が死んだあとは一生懸命作ってきた作品はどうなるのだろう??とか

いま作ってるものが自分の死後はどうなるのか?

なんて考えもせず手を動かしてるのでしょう・・・。  


MASATOさんの作品をみて、いろいろ考えてしまいました。 


自分には、
「自分の懸命に作ったものを、理解して預けられる信頼できる友人がいるのか??」 と。 


家族や身内は、相当プラモ好きでもないかぎり自分の趣向の赴きなんて理解してないですし・・・


あと、 「一期一会」 の大事さを MASATOさんの作品から学ばせて頂きました。 




スポンサーサイト

うえだ模型2 | コメント:0
<<青色とともに・・・ | POPワンダー日記 | 信州うえだ模型交流会2 その④>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |