トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
断面に彫る
2016-09-04 Sun 15:35
2016オラザク応募完了しました

2年ぶりの応募です

3IMG_5245.jpg

自分は今回も郵送応募です。

1次通過、できるといいなあ・・・ まずは1次を通らなければなので・・・

区切りついて、うえだ展示会2に向けてプラモります!!!


HGUCシン・マツナガ06R 仕上げてます。

3IMG_5248.jpg

今回の06Rの工作は筋彫り等のディテールUPがメインなのですが、

「面」 の筋彫りから、「立体的・断面的」な筋彫りを強くしてみました

の部分の「断面」に 情報量が増えるように

2重鋼材な意識で彫ってみました

3IMG_5252.jpg

フロントアーマー断面 

3IMG_5255.jpg
脚部フレア?部分の断面

3IMG_5251.jpg
コクピット周囲断面


日々進化するガンプラで、RGやMG・・・ キット本来のディテールが増えていき

モデラーのすべきディテールUPが、 「差」が付けられなっていく傾向ですが

キットの「断面」まではディテール表現や金型がまわらないだろうと。


「どうだ、ここまではキットでは再現できないだろう」 な 挑戦的・負け惜しみ?筋彫りディテールUPでもあります


ただ・・・これ やりすぎ厳禁!!!です。
 

断面という断面に筋彫ると、 バランス悪くなって 好みでもありますが、 「やりすぎ&気持ち悪く」なります。
 

後、プラ強度が抜群に落ちます。 墨いれ後に パーツ落としたりすると ヘタするとボロッ!!といきます。  

面の筋彫りだと耐えていたエナメル系墨入れが 狭い面積のプラに、積層的に流れると・・・・

けっこうやばいことになります。 



なので、断面筋彫りは、 「場所の強度、筋彫りの深さ、」も絶妙に計算しとかないと・・・ヤバイことになります。

※スナップフィットのテンション調整は超ゆるゆるの、スッカッスッカが絶対必修!!です



次回?は 「ガンプラのチッピング考察」 について自分なりの現状&方法をブログしたいと思います。


スポンサーサイト

HGUCシンマツ | コメント:0
<<ガンプラの色ハゲ表現について | POPワンダー日記 | 熱い夏・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。