トップ画像
闇の騎士
2012-08-15 Wed 23:39
ロンドン五輪もおわってしまい(さみし)

お盆お休みです、みなさまはどうお過ごしでしょうか?


自分は今年は6連休です。

お墓参り・盆踊り・花火・すいか・甲子園・日本の夏を浸っております。



年に4回ぐらいしか映画館いかないのですが(もっぱらレンタル派)

見てきました


「バットマン・ダークナイト・ライジング」

3IMG_1241.jpg



ノーラン版(クリストファー・ノーラン監督の バットマン作品群)のラスト!


感想は、すごくよかった!!! 



もうこれで、ノーラン版バットマンも見れないのですね・・


ラストは、まだ続けられるのでは!?な感じだったのですが、これで終局なのも、たしかにありです。



ノーラン版バットマンは、

1作目 「バットマン・ビギニング」

2作目 「ダークナイト」 

そして今回の 「ダークナイト・ライジング」 からなる完全続編3部作。


とてもヒーロー物とは思えない 重厚でリアルで、ダークな雰囲気で、ドラマ性も半端ないほど作りこまれた
独特のバットマンの映画。


自分の貧弱な、ボキャブラリティで 一言で表現?するならば


大人版・バットマン   大人のための考える?バットマン。


なんか 大人版って書くと エロい?表現かもしれないけど・・ホントに大人版。




初めて見る人は、絶対に前2作品を見といたほうがいいです。

というか、よくある 「途中から見ても楽しめるよ!」 なサービス感は一切なく

前2作がある前提の作品になっています。


前回の 故・ヒース・レジャーの 圧倒的存在感の狂気のジョーカーもよかったけど、

今回の、トム・ハーディーの 「べイン」もすげー、よい!!





べインって 原作バットマンの悪役の中では 最後発出現キャラ、


自分のなかでは 微妙に 

「認めねー・・なんか只のムキムキレスラーじゃん・・」だったし


今回の 映画化情報の時に 「今度の新作バットマンの適役は、べイン!」と聞いたときに、


リドラーは?? ペンギンは?? 出ないのか??でがっくりきてたけど、


完全に今回の映画で、自分の考えが塗り替えられた。





ノーラン版のバットマン 見てないかた、間違いなく損なしの映画です。


まず、バットマン・ビギニング をレンタル屋さんで見て 


ダークナイトで 鬼はまってください。





けれど、今回のバットマンのサブタイ 「ダークナイト・ライジング」

これ、邦題で変えてるけど なぜ??変えたんだろう???



英語原題の ダークナイト・ライジス(RISES)で全然よいのに・・

RISESは 「上る」とかいう意味・・語るとネタバレになるので言えないけど、最高にあってるのにな・・



日本の映画配給会社は センスないなー・・・な事たまにするよな。






この夏は アメコミヒーロー映画祭りだ。



今週末から公開の「アベンジャーズ」も絶対見に行くぞ!!


「アイアンマン1・2」 「ハルク」 「マイティ・ソー」は見たので


残りの「キャプテン・アメリカ」をまだ見てないので、休みだし見ておこう。





※なんか キャプテン・アメリカって、個人的にはダサくないか??でいままで拒絶系だった・・・  

スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0
<<俺の、アベンジャーズ計画  | POPワンダー日記 | ロンドンとネーミング>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |