トップ画像
父さんの、AGE1。
2012-04-15 Sun 14:32
長野市の桜は今年は おそいですね。

桜大好きなんで、(花見)楽しみっす!!


で、プラーモ。

1/144 フリット父さんがちょっとかっこいい? AGE-1ノーマル。

最終仕上げ段階っす。


デカールコーション貼り付け。

3IMG_0947.jpg

Hi-Qパーツさんのグレー使用。

カルトグラフデカールなので 発色いいけど厚いっす。

シルクスクリーンとかも同じで厚い。 湯葉?かと思うぐらい(いいすぎ)

でも丈夫でいいよね~。


1/144のコーションデカールぐらい面積小さいと セッターで糊を強化しないと
ちょっとつらいので、セッター貼り付け面にちょい塗り は必修かもです。(クレオスのでぜんぜんよいです)


あと貼る面は絶対に つや消し面は禁止です。
つや消し塗装面にデカールはると 高確率でシルバリング(浮き)発生します・・・

軟化剤でやっこくしても、完全には対処厳しいかと・・・



そして、「デカールの処理」 のこの段差。

恐ろしいほどガンプラというジャンルで軽視されてるのはなぜだろう??


上からトップコートで目立たたせなくするのもいいんですが・・・

なんか発色が死んで モヤ~っと、しろーく?なるんだよね・・トップコートって。

3IMG_0957.jpg



カーモデルとおなじように クリアー塗膜の「砥ぎ」をしました。


砥ぎの前に クリアー吹き。(上の画像)


使用したのは クレオスEXカラー スーパークリアーⅢ!

硬い塗膜だし、あと入手しやすいし いろんな面で品質保証っす。


デカール溶けるのこわいので、最初は砂吹き、ぶぁーっと適当に軽めに吹きます。


3IMG_0958.jpg

そして 2日ほど乾燥(ほっとく)してから

いつもの塗装するぐらいに 再びクリアー吹き(2回目)。


↑の画像・・わかんね~!みえずら~!

さすが クリアー塗装・・みため変化わかりにくい・・


3IMG_0959.jpg


で、↑なかんじで タミヤのペーパー2000番でクリアー塗膜をとぎます。

つや消しっぽくなってるので 研いだ感じわかるかと・・

ちょっとまだデカール周辺に 「クリアー塗膜のへこみ」があるので

再度 クリアー吹き→研ぎをおこないました。


で、綺麗にデカールの周りの段差がなくなったら・・・


3IMG_0969.jpg


3IMG_0968.jpg



つや消しクリアーふいて 仕上げ調整。

段差、なっしんぐ。
 

地球上にある 現存兵器でまずコーションのまわりにデカールのような

余白段差があることはまずないので・・・(テンプレートみたいなので吹いたりしてるよね)


超未来の宇宙世紀とかにはすべて、ステッカーになって余白があるのかもしれないが・・


手間かかるけど 格段に完成度あがります。


サザビーのシールドの ジオンマークとか目立つところのみでもいいかも



あと、今回研ぐのにこれがよかった!!

3IMG_0962.jpg

くっちゃねさんで GETしたやつ

WAVEのソフトフィニッシュやすり。 

ぐあいいい。 


※「研ぎ」は 以前製作した HGUCズゴックでもやったので もしよければHPより
拝見してもらえれば幸いです。

3IMG_0941.jpg

今回のAGE-1は 色や艶のコントロールにも気を使ってみた。

ブルーは ガイアカラーの限定色 「ウィリアムズブルー」に白少々。

スゲーいい色!!!


原色系の赤やらブルーは調色 がきびしいので

(なんか、赤系とかってじーっと見つめて混ぜ混ぜしてると

 目がわからくなってくる感じしませんか?

俺は、どんな赤をめざしてるんだ??な精神的麻痺感というか・・)


なので、おおお!これは!楽できる!!?と思ったときに 迷わず買うのが吉っす。


後、赤ですごいのが ネットでも騒然?の


「ガイアカラー 名鉄スカーレッド!!」 これもすげーいい色だぁ!!


ちょっと白まぜれば まんま あのセンチネルレッドに!!!


ワンダー丸はもと 陸上部と美術部をかけもちしてたので??


絵の具とか漠然と大すき!! ガイアカラーは なんかこれに塗ろうというわけでもなく


おお!いい色だぁ!と思ったら即買いしてます。(ガイアは限定多いし)



色はネットだとわからん?ので実際に見て買うのがいいっす。


くっちゃねさんは いいお店っす。 ガイアは常時あるし、

駅の立ち食いそばなみに、対応も早いよー!!


長野市では最強かも。(プレッシャーすいません)




※デジカメって 本当に 紫系ブルーって苦手ですよね・・ほんとうは

もっとチョーきれいな 青紫ブルーです。




3IMG_0978.jpg

細部のぬりぬり 

筆ぬりです、 頭部のAGEシステムサイン?は細かかった。

クレオスにリターダーまぜて塗り分けた。


後胸部 インテイク(黄色フィン)脇の部分、

ここを濃いグレー系で塗り分けると、すごーく完成度あがります、

エナメルの ダークグレーで塗り分けました。




3IMG_0971.jpg

バックパックのむき出し バーニア基部。


最初からこうしよう!ときめて彫った タガネの0.8mm幅の溝

そこに ハセガワ曲面追従シートのチタンを張り付けました。

ちょっと伸ばしながら(伸びるんです)はると綺麗に貼れます。



で、平均睡眠時間3時間で 朝6時仕事を1週間サイクルし・・(ねむい)


なんとか今月のウホに1時間前!に形になった。



3IMG_0981.jpg


3IMG_0985.jpg

あー、塗装たのし!!




よく、ワンダー丸は聞かれます。

大変じゃね? めんどくさくね? 苦行じゃね?

って・・・



でも、それは大きな勘違い!!

細かーな 60か所貼ったコーションの貼り付けや研ぎ処理


めんどくさそーな 彫り彫りとか


目立ちたいだけじゃね?って・・・



いえいえ、マジに楽しいからに決まってる。

成功も失敗も楽しいのです。



誰かに見せたいとかでもなく(少しは見せびらかしたいこともある)

超えたい?とかでもなく



ただただ、 プラーモが楽しいから 純粋にそれだけでやってるのです。



今回のAGE-1は、〆切とかもなかったので楽しめた。


そして再確認!!!


ガンダムAGEシリーズの プラモに罪はなし!!!

まじに、すごーくよく考えられてるキット群です。


デザインも秀逸です。

  



本編のばっかやろー!! ろー! ろー・・・(こだま)



白色彗星はじめます。
















スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<さいたよ、さくら | POPワンダー日記 | Ωと、プラーモな結果。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |