トップ画像
節電
2011-03-17 Thu 18:38
地震がおきてほぼ1週間が過ぎようとしています。

自分の社内でも 仙台方面で社員のご家族が不明となったり、ご本人も避難所生活を送っているとのこと・・・


できる限りの支援として色々 支援物資・自分の身の回りの節電を行っているのですが、


日々のニュースから流れる状況を見てると、

傲慢かもしれませんが、

「なんて、自分はちっぽけで無力なんだろう」と身の程を思い知らされています。



自分の会社は食品関係で、いろいろ余波も受けています。

届かない原材料・資材が多々あるなか、最大限の努力をもって全員で挑んでおります。


うちの商品だけは、商品棚から切らしてなるものか、少しでもお役にたちたいで、働いております。



それでも、福島県の原発の現状とか見ると、本当に厳しい心情となります。




よく、「頑張ってください」とか「頑張りましょう」の励ましの表現を聞きますが・・・

家を失い・家族・友人・仕事も失い、これからの不安、

日々空腹や避難生活環境でのストレスで過ごす日々・・・そんな方々に どう頑張れというのでしょう??



あくまで個人的な意見ですが、元気な人からの「頑張れ」は元気の押しつけだと思います。

「頑張ってください」それしか表現できない、それもわかりますが・・・

決して悪意がないこともわかります、善意だと思います。


でも、自分は絶対言えません。




あと、発言すべきか悩みましたが・・・




いろいろネット等で話題になってる「ヤ●マ作戦」なる節電活動・・・

自分は、エヴァ好きですし・・節電を広める心意気も理解できます。


ただ思う、




不愉快!!!!の一言。   けっこう(いや、かなり)イラッときてます。




どこか、ノリ・風潮的な軽々しさ・を感じます。ただの節電啓蒙活動ですが、なぜ?こんなに嫌悪感がでるのか?
いまひとつはっきりとうまく表現できません・・・。


事の始まりは、今回の地震、とてつもない人の生命が失われたのに、
サブカルチャーなものをここで、今使う必要があるのか??

節電で、生き死にの瀬戸際の方だっています。




そして、精神的なフォローをしなければならない被災者の方々の中でも 嫌悪感を訴えてる方も出ています。



結果、節電率が向上したじゃないか?結果良ければいいじゃないか??

たしかに・・・、今は綺麗ごとは言えません、なんでも利用しようもわかります。

盛り上げよう!もわかります・・・。




でも、何十万人の被災者・避難者の方々のうち、 たった一人でも不快に思うような表現は

すべきではないのでは?? と自分は思います・・・。




良かれと思ってしてることが、他人をとてつもなく傷つけることもある。



自分自身も、そうかもしれない、と戒めます。




ヤ●マ作戦 これからも啓蒙し続ける方は一生懸命やっていただいて全然良いと思います。

良い結果がでるかもしれません。




ただ、世の中には 「否定」 な意見もあることも、傷ついてる方もいることを、忘れないでいただきたいと思います。

 


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<誰かのために、元気をだす。 | POPワンダー日記 | 地震>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| POPワンダー日記 |