トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
フリットのGの、ぬりぬり
2012-03-25 Sun 00:38
またまたご無沙汰しております。

3月期のウホ集会で、並べたヤマト メカコレ完成品群をみんなで見つめながら・・・

「白色彗星艦がみごとに一個もないね~」

とみんなに言われ・・・



「そうです!私が、その原因です(志村けん変なおじさん口調)。」と

大ヒンシュクをかったワンダー丸です。

ブログなんてどうでもいい!!どうせ自己満足のマスターべーション行為だろ!

と自己中心のなげやり 放置プレイしながら・・(めんどくさい病)


CA3I0027.jpg

スノーボード行ったり...


CA3I0028.jpg

スノーボード行ったり...しておりました。

今年は雪が多いので 3月の末ですが全然すべれますね。


後、仕事も忙しく、年度末は物がうごきますね。(結果を出そうと焦る)


公私ともに忙しく、プラーモもけっこう ゆったりと進めておりました。





1/144 AGE-1 ノーマル

※画像クリックすると でかくなります。


3IMG_0896.jpg

↑ボディ後部のバーニア周辺に プラ材とかでディテ詰め込みました。

例の羽は 切り取りカット。(この方が工作しやすいので)

キットはかなり ツルっとしてなにもないので いろいろ彫りこみました。


AGE-1は シールドにも 「A」の文字をアレンジしたデザインを盛り込んでるので


羽の上部にも 「A」 を意識した筋彫りを展開しました。




他にも色々工作したのですが またHPのUP時に・・




超音波洗浄機で パーツを入念に洗浄後に

3IMG_0910.jpg


サフ吹き (ガイアノーツの瓶サフ使用)

いいっすね~ ガイアのサフ! すごーく粒子?細かいしノリもいいですね。

完全乾燥後なら 爪でひっかいてもとれない!


缶サフはちょっと高めなのがネックだけど 瓶サフならかなり経済的。


3IMG_0934.jpg

クレオス クールホワイトを吹いて 下地の彩度をあげてから


ベース塗装終了後に 各部に塗り分けを開始。 


ちなみに 自分のディテUP&筋彫りは その見た目の効果もそうなんですが


塗装時の効率・塗り分けと効果 も実は考えて工作しています。

マスキングしなくても、塗料が区切れる?ような感じというか・・・用は塗装が楽になるように?な感じ?



それでも、大きな面はマスキングです。 

足の裏・シールド裏の塗り分けっす

模型誌でも紹介されてますが、 面倒くさいけど


関節部とか シールド裏 武器とか 塗り分け増やすといいっすよね。


後、すべてクリアーの艶ありで塗ります。


デカール・墨いれ のことを考えると この時点でフラット系はすべて
クリアー入れて艶ありに調整します。(これ超重要ですよね)


艶あり→つや消し の塗装後の調整 はできますが


つや消し→艶ありは 根本的に、できないですからね・・・



3IMG_0935.jpg

足の裏 1色目のマスキング後。

筋彫り深めにしといたので 楽にかっちりマスキングがまわります。

シールド裏も塗り開始。


3IMG_0938.jpg


2色目 3色目の追加。

ラッカー筆塗りです。 断言してこういう部分は ラッカー系で塗り分けましょう。


リターダーをいれながら塗料皿に 少々出しながら薄め液で溶きながら塗ります。


水彩画と似てる感じ?、 瓶からの直接ぬりはラッカーでは厳禁です!!(というか筆 痛みます)



ちなみにリターダーは入れすぎて塗料が乾かなくなるということはありません。


唯 入れすぎると 平滑になりすぎて エッジに塗料が乗らない(逃げる)ことになってしまうので注意です。


関節部 や 武器類にも同時に 塗り分けほどこしていきます。


3IMG_0940.jpg


足の裏はノズル以外の塗り分け 完了です。 


ノズルは、墨いれと 艶の調整後にちがう質感にしたいので最後に塗る計画です。


塗装はやっぱり楽しい~。 


楽しすぎて、時間すぎるの忘れます。 



でも くっちゃねヤマトメカコレ・コンペもあるので まずAGE-1完成がんばります。

スポンサーサイト
プラモ | コメント:0 | トラックバック:0
| POPワンダー日記 |
| POPワンダー日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。