トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
白いやつ
2011-05-29 Sun 09:52
今月号の模型誌、自分としてはモデグラの圧勝!でした。

というより、その編集内容に感心した!!

震災・友達作戦の第7艦隊の記事は、本当におもしろかった(ためになった)

モデグラの模型誌としてのプラモ的うんぬん・・より、

時事としてのこういった内容、(軍事評論家の岡部さんの文章は、)は


こういった内容は政治的な専門用語、そして特有の文章堅苦しさが出たりするのだけど、

それもなく今回のモデグラの記事は本当にわかりやすかった。

模型誌的に 第7艦隊をキャラクター的?に説明してるのだけど、逆にそれがいい!!


震災がおきてから、今回のトモダチ作戦をここまでファクターした雑誌ってなかったのでは??


ありがとう、アメリカ軍(←軍なんです・・ものすごい広い名詞)で、完結して終わっていて、

でも、実際は「第7艦隊」ってなに??普段は??の説明詳細って 他誌面とかではほとんどなかったと思う。



モデグラの、こういった機動力のある そして頭の柔らかさは、敬服です。


なかには、いつかのボトムズ・クメン編の特集のように、

「模型誌なんだから、もっとプラーモでいいんじゃないか!?、こんなの模型誌じゃない!」

という意見もあるかもしれないが、事実・背景を知ってこそ模型的な製作イメージ増幅できることもあるのではないか? と思う。

用は、製作意欲テンションを上げる内容には、こういった手法・ベクトルもありなのだと、自分は思います。





そして、現在のMYプラーモ状況・・・・、



3IMG_0462.jpg

1/144 RG RX-78ガンダム をはじめました。

ものすごいガンプラです、 でもパーツ数や繊細なディテールも多く上級者向けな内容かも・・・

一見だれでもできる?なとっつきやすい?が従来のガンプラでしたが、ある程度の模型経験者でないと

初心者さまには厳しいかもしれないっす。



まず、腕。 (画像クリックすると、でかくなります)

各ディテールの彫をすべて深くしました。 

①の部分は別パーツで独立して動きます、中に■の段落ちを彫りこみ、

②のサークル部分には、グルっと1周筋彫り追加。


奥が、素キット組です(比較用に・・)

そして、重要なのが、「C面」。  2の腕の部分を比べていただくと、

「C面」が立ち直ってるのがわかるかと・・・ 

すごいキットですが、やっぱり1/144、 小さいゆえに 「C面」のシャープさは落ちています。



3IMG_0469.jpg

こんな小さな「C面」の再立ち上げは、板ヤスリ(貼り付け系)よりも

断然 タガネが有利!!(断言) 2mm幅以上もあれば全然いいのですが、じぶんは3mm使用。

カンナのように2,3回かければ、もう終わり。

デザインナイフとかでカンナがけもいいのだけど、 刃がナナメなので、相当鍛錬・修行しないと性格な均等幅の、C面がうまくできないっす。


BMCタガネは、筋ぼるのみが利用価値ではありませぬ。


「正確な面をつくるもの」
 
これが、BMCタガネの各種サイズ最大ウィークポイントです。



3IMG_0463.jpg


腕、裏面。(奥が素キット)


①の部分になんか、かったるい?2重ディテがあるので 唯の■に彫りこみ。

②の部分のひじ部分、周りの腕ディテと比べるとなんもないので、ちょい筋彫り追加。

そしてこの部分に「C面」も追加しました。



3IMG_0465.jpg

いきなり、武器も。

白いやつの最強の由縁 ビームライフル。

②、③、部分にディテ彫りこみ。 ①の部分はクサビ型に形状変更、内部パーツを利用して(ちょい露出させて)
形状の複雑化を出しました。

黄色のスコープ部分は、はめ込むとまず外せないので、塗装まではめ込みは我慢です!


3IMG_0467.jpg

ハイパーバズーカ、

①のグリップ部分周りが、あっさりなのでエバグリ・プラ材でディテ追加。
前方にも□彫りこみ追加 

■な彫りこみは 深く掘りすぎるとパーツ強度にも影響してくるので、場所&深さも考慮します。

②の部分の ●パーツを削り落とし 市販パーツを再追加。

③の砲口部分にグルっと1周筋彫り追加っす。



3IMG_0468.jpg

ライフル&バズーカの上面に、ディテ彫りこみです。

①の上面に四角ディテを3か所ほど追加、

②はライフル上面にもディテ追加。



ガンプラの武器は、けっこうディテの追加効果が高い部分でもあるので、作り始めの飽きないテンション中に

製作することが肝??かも・・


武器全面にディテを展開するのではなくて、グリップまわり・スコープまわり等に集中して追加すると
強弱つくし、アクセントになるしいいと思います。



RG、そしてガンプラはものすごい完成度が高いので、 パチ組終了が目標でなければ、

仮組?って厳禁かも。 

「おー動く!動く!」「かっちょいい~、このままでいいや~!」の効能がものすごく高いので・・・

各部品を一個ずつ消化していったほうが、いいかも・・・



で上記以外はまだ ランナーにつきっぱなし な製作状況です。



そして、自分のプラモホーム基地 くっちゃねさんに

素組RGガンダムがあるので、それをいじりまくって、眺めまくって(すいません)そいつで制作内容を計画しています。


ありがたいです!! ありがとう~くっちゃね様。 

白BOXの店頭サンプルって、こんな時にもつかえますね。
 









 



 
















 










スポンサーサイト
RG RX-78 | コメント:4 | トラックバック:0
| POPワンダー日記 |
| POPワンダー日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。